Bangkok Bali

2006年
9月
1日目 関西空港01時25分発(タイ航空673便)⇒バンコク空港05時15分着
バンコク・スワンナプーム新空港
バンコク・オリエンタルホテル
2日目 バンコク空港08時40分発(タイ航空431便)⇒バリ空港14時00分着 バリ・ブルガリホテル
パブリックエリア  
ビラ・リビングルーム
ビラ・ベットルーム&バスルーム
3日目 プライベートビーチ  サンセット  ブルガリショップ
4日目 バリ空港16時50分発(タイ航空432便)⇒バンコク空港20時00分着
バンコク空港23時59分発(タイ航空622便)⇒
機中泊
5日目 関西空港07時30分着


 バンコク・オリエンタルホテル 

2006年9月、バンコクとバリ旅行の1ページ目です。
オリエンタルホテルのレストランスパもご覧下さい。
空港からの送迎はホテルに頼んだので安心です。


358室の客室と35室のスイートがあり、7,500万ドルをかけた全館改修工事が終了したところです。
前回宿泊した際、工事中だったエントランスも綺麗になっていました。
対岸からみたホテルの全景です。


オリエンタルホテルにはドレスコードがあります。
午後6時以降はロビー、レストランにショートパンツ、サンダルでは入れません。
レストランのうちノルマンディとロードジムズは終日不可です。
左のロビーは豪華な雰囲気で、ショッピングアーケードにはルイ・ヴィトンも。


今回はデラックスステートルームを予約しました。
リバーウイングの3階から9階まで、川を正面に望む位置に数室づつあります。
面積は67uと、ゆったりとした客室。



客室内は南国らしいカラフルな色合い。


ソファとウェルカムフルーツ。


TVはNHKが放送されています。
室内にはBOSEのCDプレイヤーがあり、CDが4枚用意されていました。
その他のCDをライブラリーで無料で借りれます。
右はウォークインクローゼット。


窓際には大型のライティングテーブル。


チャオプラヤ川に面したコーナールームなので眺めが抜群。
小さなベランダもありますが、昼間は暑いので、室内の方が快適です。


窓からは、隣のガーデンウイング棟とプール、川沿いのレストランが望めます。


ミニバーの料金(バーツ)は次のとおりです。
ウィスキー 850
ウォッカ・ジン 550
ビール 220
ミネラルウォーター 180
ジュース 170
コカコーラ等 140
チョコレート、ピーナッツ 175
クッキー 120
ポテトチップス 140

飲料水は無料のペットボトルが用意されています。
ターンダウン時に日本茶の用意がされていました。


ダブルシンクでアメニティーはホテル特製品。
スイートルームはエルメス製が備え付けのようです。
椅子に座れる鏡台が無いのでちょっと不便でした。


タイシルク製のゆかた。


独立のシャワールーム。腰掛ける台付きなので便利。


プールは午前6時から午後8時までオープン。
客室に備え付けのバスローブでプールまで行ってもいいですし、
プールサイドに更衣室とロッカーもあり、そこで着替えることも可能です。
新しく子供用のプールとサラも出来ていました。


その他のサービスです。一部は有料、要予約。

スポーツセンター 06:00〜22:00
オリエンタルスパ 07:00〜22:00
タイクッキングスクール 09:00〜12:00
タイカルチャープログラム 13:00〜16:00
ビジネスセンター 08:00〜20:00
美容室 09:00〜20:00
クリニック 08:30〜21:30

オリエンタル・バンコクのホームページ