Bangkok

2011年
1月
1日目 関西空港 00時30分発(タイ航空673便)⇒バンコク空港 05時00分着
D'Sens(デ・サンス)  アジアハーブアソシエーション
ブイ・レジデンス
2日目 バンコク空港 08時30分発(タイ航空203便)⇒プーケット空港 09時55分着 ショア・アット・カタタニ
3日目
4日目 プーケット空港 13時10分発(タイ航空208便)⇒バンコク空港 14時35分着
メイ・ジャン 2011年1月のバンコクの風景 
ケンピンスキー
5日目 バンコク中央駅  Salon The Emporium
6日目 バンコク空港 11時00分発(タイ航空672便)⇒関西空港 18時10分着


 Vレジデンス 

2011年1月、タイ旅行の1ページ目です。

バンコクでの1泊は2009年にオープンしたVレジデンス。
全47室のサービスアパート。
空港から送迎をホテルに頼み、片道1台(セダン)2,900バーツでした。

BTSプロンポン駅からホテルの看板が見えます。
スクンビット通りを歩き、5分で到着。
周辺は、日本食レストランやカラオケ店も多く、便利なエリアです。
ホテル入口は駐車場の奥です。


全室、スイートタイプで、今回泊まったエグゼクティブスイートは53u。
リビングルームには32型の大型薄型テレビとDVDプレーヤーが完備。


キッチン、冷蔵庫、電子レンジ、洗濯機もありましたので、長期滞在に便利。
無料のミネラルウォーターは2本付き。

ミニバーの料金
ソフトドリンク 20
ジュース 20
ビール 50
日本酒 250
アーモンド・ナッツ 35


ウェルカムフルーツ付き。


ベットルームにも大型テレビ。
このホテルの魅力は、インターネットで日本のNHK、民放4チャンネルが生放送で見れること。
ただ、2011年1月の裁判で、インターネット放送が違法となりましたので、もう見れないかも。
窓からの景色は、隣の養鶏場の屋根。
午前5時前から、鶏の鳴き声が一斉にあがります。
目覚まし時計は不要です。


浴衣、セーフティボックスもあります。


バスタブありますが、シャワーは独立していません。
シンクは1つ。バスルームはちょっと狭いかも。
タオルは少しゴワゴワ感がありました。


朝食付きでしたが、翌日早朝の飛行機のため利用できませんでした。
24時間ルームサービス可能。日本食の種類が豊富です。
主なメニュー

シーザーサラダ 120
春巻き 70
チキンスープ 90
味噌汁 50
フィッシュ&チップス 150
クラブサンドイッチ 120
カルボナーラ 180
ポークステーキ 220
トムヤムクン 180
パッタイ 110
グリーンカレー 120
親子丼 210
天ぷらうどん 190
カレーライス 195
クリームコロッケ 210

スイミングプールやフィットネスなどの設備はありません。

ホテルのホームページ