Phuket

2017年
1月
1日目 関西空港 00時30分発(タイ航空673便)⇒バンコク空港 05時05分着
バンコク空港 07時45分発(タイ航空201便)⇒プーケット空港 09時10分着
アヤラ・カマラ
2日目
3日目 アンダマンホワイトビーチ
4日目 プーケット空港 19時35分発(タイ航空220便)⇒バンコク空港 21時00分着
バンコク空港 23時15分発(タイ航空622便)⇒
機中泊
5日目 ⇒関西空港 06時25分着


 プーケット アヤラ・カマラ 

2017年1月、プーケット島旅行の1ページ目です。
アヤラ・カマラのレストランもご覧ください。

プーケット空港のターミナルは国際線と国内線が別棟になったので注意が必要です。
同じ飛行機に、国際線乗り継ぎ客と国内線の客とが乗っています。
私たちはバンコク乗り継ぎなので国際線ターミナルから出ますが、国内線の客は国内線ターミナルから。

ホテルにはTG201便とだけ伝えていたので、ホテルのスタッフは国内線出口で待っており、
私たちからホテルに電話して、国際線ターミナルに向かってもらいました。
国際線と国内線の間の道路が混んでおり、結局1時間近く国際線ターミナルで待つことに。
プーケット空港での待ち合わせでは、国際線乗り継ぎか国内線かホテルに伝えたほうがいいでしょう。

空港からホテルの車で片道1,200バーツ。
ウェルカムドリンクをいただきながらチェックイン。
ホテル周辺にはお店も何もないので、ずっと滞在型になります。
他の宿泊客を見かけることも少なく、ホテル内はとても静かで、ゆっくりするにはおススメ。


レセプション棟にはレストラン、バー、プールがあり、反対側に宿泊ヴィラを配置。
プールは9時〜18時までオープン。
眺めは抜群で、このホテルの魅力です。


グランドプールヴィラ・オーシャンビューを予約。
客室面積は190uの広々としたヴィラ。

スタッフに頼めばカートで移動できますが、健康のため私たちは徒歩で移動。
すこし坂道がありますが、ほどよい感じの負荷になる散歩です。

私たちのヴィラはこの建物の最上階部分。
下の階は別のカテゴリーのヴィラ。


リビングルーム。
キッチンには調理器具やお皿などひととおり揃っています。


たしか、冷蔵庫の中の飲み物は無料だったと思いますが、メモするのを忘れました。
ウェルカムフルーツもあります。


ベットルーム。
リビングルームとベットルームは別棟になっており、ドアの開け閉めが少し不便。
両方の棟をつなぐ廊下があれば、もっと便利になるのですが。
NHKワールドが映りますが、英語です。
Wi-Fiは無料。


バスルーム。


このヴィラの魅力は、広いインフィニティプライベートプール。
目の前を遮るものがないのでとても開放的です。
サラやディベットもあり、泳ぎつかれたら少し休憩。そよ風が快適です。


ホテルのビーチへは階段を下ります。
途中、数十メートルの間は簡易なリフトあり。

このビーチは岩場で、砂浜はありません。
従業員から岩場は危険なので、近づいたり泳がないほうがよいとのアドバイスがありました。
綺麗なビーチを望まれる方には、ちょっと残念なホテルです。

ただ、ホテル客しか入れないので、静かに過ごすにはおススメ。
車で10分ほど離れたところに砂浜のカマラビーチがあり、ホテルから無料送迎バスが出ています。



スパやフィットネスルーム、テニスコート。
スパは10時〜20時。マッサージ(60分)2,200バーツ。フェイシャル(60分)1,500バーツなど。
フィットネスルームは9時〜18時。
テニスコートは8時〜20時。
その他、キッズルーム(9時〜18時)、スーベニアショップ(10時〜19時)


客室からアンダマン海に沈む夕日が正面に見えます。
この日は雲にかかってしまいました。
レセプション棟の夜景。



ホテル内の夜の風景。
本当に静かで、他の宿泊客はどこにいるのか心配になるほど。



ホテルのホームページ