ベトナム航空1830便(フーコック⇒ホーチミン)

2017年11月にフーコックからホーチミンに向います。
ベトナム航空1830便はフーコックを13時55分に出発し、ホーチミンに15時00分到着。

フーコックで宿泊したナム・ギホテルから車で約1時間。
フーコック空港周辺は現在は何もありませんが、今後、開発されるのでしょう。


出発ロビーは同じフロアーに国内線と国際線のカウンターが並んでいます。


搭乗手続き開始までしばらくカフェで時間待ち。
クロワッサン(4万ドン)とアクアパンナ(1本7万5千ドン)
空港価格で、これで1千円は高い。

クロワッサンはバターの香りがせず、とても辛い、不思議なパンでした。


出発ロビーにはショップが何店かあります。


セキュリティチェックを通り、搭乗ゲートへ向かいます。
国内線ビジネスクラスラウンジでしばらく休憩。
窓からは滑走路と駐機している航空機を眺めることができます。


激辛のインスタントラーメンとベトナムのお菓子をいただきました。


搭乗ゲートまでに、レストラン、カフェ、ショップがあります。


搭乗ゲートは狭い別棟。
そこからバスに乗り飛行機まで移動します。

現在、ボーディングブリッジを新設工事中。
もうすぐ、飛行機に直接乗り込むことができるのでしょうね。


短時間のフライトなので、機内食はなく飲み物のみ。
ウェルカムドリンクはkouta妻はアップルジュース、夫はミネラルウォーター。
フライト中は、妻はミネラルウォーター、夫はペプシ。

空港のショップで買ったプリングルス(2万5千ドン)をいただいています。
このポテトチップスの中身は割れてバラバラになっていました。