タイ航空220便、622便(プーケット⇒バンコク⇒関空)

2017年1月にプーケットから関空へ向かいます。
タイ航空220便はプーケットを19時35分発、バンコクに21時00分到着。

プーケット空港は新ターミナルになって初めての正月を迎え、大混乱。
入口で荷物検査がありますが、ものすごい行列です。
空港に着いてから、検査を抜けるまで約1時間かかりました。


旧ターミナルに比べ当然ですが、清潔で機能的です。


ビジネスクラスラウンジはまだ工事中なので、現在は仮設の休憩スペース。
座席数が少ないので常に満席で、席が空くのを少し待ちました。
メニューはオーダー制で、kouta妻はヌードル、夫はサンドイッチをお願いしました。

 

機内食はタイ料理




タイ航空622便はバンコクを23時15分発、関空に06時25分到着。
搭乗まで国際線タイ航空ビジネスクラスラウンジで休憩しました。


ウェルカムドリンクは寝る前なのでミネラルウォーターにしました。
シートは一世代前のライフラット。


日本到着2時間前に朝食。
kouta妻は洋食、夫はタイ料理にしました。


鹿児島、四国上空を通過。